シミウスジェルの保湿成分

シミウスジェルの保湿成分とは?

シミウスジェル 保湿成分の1つのコラーゲンはタンパク質の1種で、肌や骨、関節などの部分に存在し、肌の保湿に重要な役割を果たしている成分です。
皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織に分かれていて、そのうちのほとんどは真皮で、肌の形や弾力を保つ働きがあるといわれています。

 

真皮の大半を占めているコラーゲンには、古いものを分解して新しいものに作り変えながら、肌の健康を保つという役割があります。
肌にうるおいを与える3大保湿成分の1つともいわれるコラーゲンは、真皮層を支えると同時に、水分をとらえたら逃がさない性質があり、肌のうるおいを保つ働きもあります。

 

また、シミウスジェルに配合されているシコンエキスも、シミウスジェル 保湿成分の1つです。
シコンエキスには保湿効果の他、肌の新陳代謝を高めて、ターンオーバーを正常化する働きがあるといわれています。
また、乾燥した肌を健やかな状態へ導いて、代謝や血行を促進し、透明感を与える効果も期待できます。

 

さらにシミウスジェルには、保湿成分として知られているヒアルロン酸も配合されています。ヒアルロン酸は、1gで6リットルの水分を保持できるといわれていて、肌の外から塗ることにより、肌表面を保護して保湿する効果が期待できます。

 

 

 

 

 

シミウスジェルの成分「カリボキシビニルポリマー」の効果

 

シミウスジェルは、体の顔などの部分にできるシミ対策にも有効でジェル状になって、それを塗布すればマッサージがしやすい特徴を持っています。

 

なかでも有効成分にはシミ カリボキシビニルポリマーが配合されており、これはシミウスジェルが使いやすいジェル状に構成するための成分の一種で合成ポリマーとなります。

 

実際には肌の表面に膜を張る形になり、肌に透明感をもたらしたり、肌の水分が蒸発してしまうのを防ぐ保湿効果を持っています。
シミ カリボキシビニルポリマーの塗布を行うと肌に対して伸びやかに広がりを見せ、手触りでも滑らかさを実現します。

 

この滑らかさがあることで肌に対してマッサージがしやすくなる効果があります。

 

副作用については、肌に塗布を行っても低刺激で、人体に害を与える様な目立った副作用も存在しません。

 

合成樹脂でもあるため、シミ カリボキシビニルポリマー自体が腐敗したり酸化したりすることは一切なく、防腐剤を必要としない点もあります。
また臭気も存在しないので他の香料などで香りづけなどをする必要もないです。

 

シミ カリボキシビニルポリマーはコストパフォーマンスにも優れており、上記の様な性質を持っているため、医薬品や化粧品などを始めとして多くの商品にも含まれる成分となります。