シミウスジェルの薬用美白成分

シミウスジェルの薬用美白成分とは?

シミウスジェル 薬用美白成分のプラセンタエキスには、アミノ酸やミネラル、ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれています。プラセンタエキスは、哺乳動物の胎盤のプラセンタから栄養素を抽出したもので、代謝の促進が大きな作用の1つです。

 

血流を良くして肌の新陳代謝を促進し、メラニンを含む古い角質がはがれ落ちるのを促すことにより、できてしまったシミやくすみなどを改善する効果があるといわれています。

 

また、シミウスジェル 薬用美白成分のプラセンタエキスには、メラニン色素のもととなるチロシナーゼという酵素を阻害し、メラニンの生成を抑制する作用があるため、シミの発生を防ぐ効果が期待できます。

 

それから、プラセンタに含まれる成長因子には、ハリや弾力に影響する、エラスチンやコラーゲンの生成を促す作用があるといわれています。
さらに、肌にうるおいを与えるアミノ酸が多く含まれているため、光を反射して肌の色がより明るく見えるようになり、より高い美白効果が期待できます。

 

また、シミウスジェルに配合されているグリチルリチン酸ジカリウムには、メラニンの生成を抑える働きがあるため、美白効果があるといわれています。
さらに、メラニンが黒色化することを予防する働きがあるため、シミやくすみなどの肌トラブル防止の効果が期待できます。

 

 

 ;

 

 

シミウスジェルの成分「グリチルリチン酸ジカリウム」の効果

 

シミができてしまうと実年齢よりも老けて見られてしまうため、気になっている女性も多いでしょう。
シミウスジェルは人気の高い美白ジェルであり、保湿や美白などといった効果を期待できます。

 

医療機関も注目の技術で作られているということですが、肌に塗るものなので成分が気になる人もいるでしょう。
肌のために使った商品なのに副作用が出てしまったら後悔することになります。

 

シミウスジェルの「グリチルリチン酸」という成分には抗炎症作用があり、肌の炎症などを抑えることができます。
敏感肌用の化粧品などにも配合されているため、名前を聞いたことのある人もいるでしょう。

 

シミウスジェルのグリチルリチン酸は甘草の根に含まれている成分であり、漢方の原料としても知られています。
古くから抗炎症剤として広く用いられてきた成分であり、化粧品だけでなく抗アレルギー薬や風邪薬などにも使われています。

 

炎症を伴うニキビの症状を緩和することができるのですが、現在炎症が発生している場合はドクターに相談してから使った方が良いでしょう。

 

シミウスジェルのグリチルリチン酸は過剰摂取してしまうと副作用のリスクもあります。
しかし、シミウスに配合されているジェルグリチルリチン酸は量が少ないため、そのような心配はほとんどないと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

シミウスジェルの成分「サクラ葉抽出液」の効果

 

シミウスジェルは、医薬部外品のオールインワンジェルでそれ一つで10の役割を果たし、黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑えることで日焼けによるシミ・そばかすを防ぎます。

 

配合されている成分の一つにシミウスジェル サクラ葉抽出液があり、これは春になると花を咲かせる日本で御馴染みのサクラの木の葉から抽出されるエキスです。
沢山のサクラの木の中でもメジャーでもあるソメイヨシノから抽出されるエキスで、人工的に作られた成分ではなく天然の成分となります。

 

このシミウスジェル サクラ葉抽出液には、プルネチン、ソクエルシトリン、メリロートサイドという成分が配合されています。
プルネチンには保湿や美白にも優れた効果があり、ソクエルシトリンとメリロートサイドには代謝機能を活発化させてむくみなどを取る効果もあります。

 

つまりシミウスジェル サクラ葉抽出液には、シミやそばかすの原因となるメラニンを抑制して、保湿や美白効果、肌荒れなどの炎症を抑える効果、抗アレルギー効果もあるため、多くの化粧品や育毛剤などでも使用されているエキスです。

 

安全性については皮膚に対しての刺激性はなく、毒性が強いとされる副作用も存在しない天然の成分であるため、肌にも優しい特徴もあります。